ヒマラヤ水晶・ヒマラヤ産の鉱物と言いましても、広大な大地でありますので多くの産地・種類があります。私共ではその中でも人気の高いガネーシュヒマール産とカンチェンジュンガ産を主に取り扱っております。
ガネーシュヒマール峰(7,422m)は6峰が連なる美しい山脈で「像神ガネーシュの住まう山」という意味を持ち人々に愛される山の一つです。カンチェンジュンガは世界で3番目に高い山でチベット語で「雪の五大宝蔵」の意味を持ち、訪れるだけでも困難な場所であります。
どちらも5000mを超える場所に鉱山があり、発掘も移動もすべて人力で行われております。
ブルドーザーやトラクターを使うということは、できないため産出量も大変少ない産地でもあります。

【ヒマラヤ水晶の特徴】
ヒマラヤ山脈は山が形成された過程で地圧が高くなり、大地の中にいた水晶も圧縮されたといわれます。
そのため、小振りなものが多く、高密度で照りがあります。触るとひんやりしておりマイナスイオンが多く発生しています。
内包物も多くあり、個性的なものばかりです。
またヒマラヤ水晶は、ヨーロッパのアルパイン水晶と形状や内包物など特徴がよく似ており、 ヨーロッパの方々が好んで買い付けにいらっしゃっています。


【ヒマラヤ水晶が愛されるわけ】
世界一の高さを誇る山々から生まれる鉱物は、受けているエネルギーが違うと云われます。
ブラジル産の1kgよりヒマラヤ産の100gと耳にしたこともあります。それほど高密度の水晶で持っているパワーが違うようです。
ヒーラーの方などは好んでヒマラヤ産の水晶を手にされています。
しかしながら、エネルギーやパワーといったものは目に見えるものではありません。人それぞれの解釈になりますが、人類が生まれる何億年も前から存在する水晶は、地球が作り出した素晴らしい芸術ということは間違いありません。
そういった観点でヒマラヤ水晶をご覧いただいても、引き込まれる美しさを持っており人々に愛されるのだと思います。

↓↓ヒマラヤ水晶を使ったアクセサリーなどの詳細ページへ↓↓


  • チベッタントルコ石ビーズ
  • ヒマラヤ水晶アクセサリー
  • ItoMEアクセサリー

カテゴリーから探す

モバイルショップ

オーダーアクセサリーへ

カテゴリーから探す